保湿しよう

手荒れの原因となるのは、乾燥が最も大きな原因の一つとされています。 ですので、手肌にとって、乾燥は大敵。

そこで、手荒れを防ぐポイントは、とにかく保湿することが重要とされています。 紫外線はもちろんのこと、空気の乾燥やエアコンによる湿度の低下などで、手肌は潤いを失ってしまいます。

乾燥よって手荒れが進んでしまうと、徐々に角質に亀裂が入り、ひびやあかぎれを起こしてしまいます。

ハンドクリームで日頃から手肌を保湿してあげることで、乾燥からくるトラブルを防ぐお手入れ習慣が身につきます。

また、乾燥へのケアは、こまめな頻度で行うことも重要です。 こまめな頻度で、乾く前にうるおいをチャージしてあげましょう。 こまめなハンドケアのために、生活のさまざまなシーンにおいて、ハンドクリームを常備しておくようにしましょう。

キッチンや洗面所などの水回りには、ポンプタイプのものを。 お化粧ポーチにも、1本ハンドクリームを常備。

枕もとには、おやすみ前の美容保湿ができるよう、もう1本ハンドクリームを常備しておきます。 そうすることで、気になったときはもちろんのこと、「目につくたびの忘れず保湿」ができますので、お肌を乾燥させることなく、いつでもうるおいの多い、理想のお肌のコンディションを保てるということになります。

手肌美人の格言は、「備えあれば憂いなし」。

ハンドクリームを常備して、こまめなハンドケアをしてあげましょう。